ホーム
マイアカウント
お問い合わせ

グリストらくらくQ&A

『グリストらくらく』の原料は?

非イオン系の中性の界面活性剤(90%)を主成分とした油処理剤で、無リンです。厨房で使用する無リンの中性洗剤と基本的には同じ成分です。

界面活性剤とは?

水に少量加えるだけで液体の界面張力を大きく低下させる物質で、分子の中に油に溶けやすい部分と水に溶けやすい部分を併せ持ち、水中では数十個の界面活性剤分子が集合してミセルという集団をつくり、その中に油を取り込み易くし、油の汚れなど汚れを落とすために重要な働きをする物質です。界面活性剤は洗剤としての他、乳化剤、分散剤、帯電防止剤など化学、食品、薬品等あらゆる分野で洗浄、乳化、浸透、分散などで利用されています。

毒性などの心配はありませんか?

財団法人日本食品分析センターによる分析結果からも、有害・有毒な成分は分析されていません。(PCB、リン、ヒ素、鉛、ノニルフエニールを分析せず)水質汚濁防止法第2条第2項第1号の政令で定める有害物質は一切含まれません。

排水への影響はありませんか?

グリストラップ内の油分は超々微粒子に分散されたうえ、水中の微生物によって効率良く水(H20)と炭酸ガス(C02)に分解されるので、排水への心配や影響もありません。

排水管への影響はありませんか?

むしろ継続して使用すると、グリストラップ以降の排水管の汚れ除去にも効果があり、配管詰まりや悪臭などの予防効果があります。

清掃の際の水温はどれくらいがよいですか?

温度による効果の差はありません。通常の水道水を使って下さい。

なぜ油分と良<混ぜなければならないのですか?

「グリストらくらく」をグリストラップの中に注いで、良くかき混ぜることによって油分は超々微粒子に分散されます。その後に水を注入することによって石鹸水状のさらさらした状態になります。かき混ぜるのが手間な場合は、ノズルなどを使って勢い良く水を注いで撹拌して下さい。

「グリストらくらく」はどのくらいの周期で使用すれば良いですか?

お使いの周期は業態やグリストラップの大きさ、汚れ具合によってまちまちですが、一般的には一週間に一度というように定期的に使用されることをお奨め致します。長期間放置の状態で使用されると、一回の使用量も多くなるのと清掃時間も長くなり、作業効率も悪くなる原因となります。

「グリストらくらく」はどのくらいの量を使えば良いですか?

これに関しても、業態やグリストラップの大きさ、汚れ具合によってまちまちですが、例えばの目安として、約100リットルのグリストラップ(大きさ 奥行80cm ×幅40cm ×深さ30cmくらい)では、週一回の清掃で月間1.25リットル(初週0.5L+2〜4週0.25L)の使用で年間15リットルくらいが目安となります。(実際は使用状況によって増減が必要です)

フライパン、天ぷら鍋、ステーキ皿、焼肉用鉄板、魚焼き器、油こし器等、油の汚れは?

『グリストらくらく』を直接油汚れ箇所に振り掛け、硬く絞ったスポンジなどでこすれば簡単に落ちます。後はお湯か水洗いできれいになります。

グリスフィルター、換気扇、ガスレンジにこびりついた油汚れはどうですか?

是非『グリストらくらく』を使用して下さい。直接『グリストらくらく』を乾いたスポンジや布切れ、または使い古しの歯ブラシなどに付けて、換気扇やガスレンジを軽くこすって拭き取るだけで簡単に落ちます。その後で、水かお場で洗えば綺麗になります。また、換気扇等ひどい汚れは、換気扇を取り外し『グリストらくらく』を使い古しの歯ブラシや布などに付けて、換気扇にまんべんなく塗り、40℃前後のぬるま湯に浸す(約30分)か、または、お湯をかける。更に使い 古しの歯ブラシ等で軽くこするだけで、綺麗に取れます。取れた後で水かお湯で 洗い流して下さい。
※グリスフィルターなどの項固な汚れの時は、40℃前後のお湯か、もっと熱い湯に『グリストらくらく』を入れて、その中に20〜30分程漬け置いて、使い古しの歯ブラシ、タワシなどで軽くこすれば楽に取れます。【注】汚れの度合いによっては多少のずれがあります。

『グリストらくらく』は手や肌には大丈夫ですか?

液性は中性ですので普通は問題はありませんが、アレルギー症や特異体質の方は、手袋等をして使用して下さい。

他社製品で強アルカリ性(水酸化ナトリウム等)のものとはどう違いますか?

強アルカリ性(水酸化ナトリウム等)の商品等を使用した洗浄剤は、確かに綺麗になります。その点では『グリストらくらく』よりもよいかも知れません。しかし、そのような商品は、劇薬のため、(例えば水酸化ナトリウムの場合、タンパク質を分解するので目に入った場合、失明の恐れがあります。)また、ひどい手荒れの原因にもなります。また、排水管や河川にはもちろん、浄化槽・合併槽に必要な汚泥を処理してくれるバクテリア(有用微生物)を殺してしまうので、環境汚染の最大の元凶になっています。

『グリストらくらく』は他にどんな使い方がありますか?

以下の使い方をおすすめします。

  • あぶら汚れのひどい衣類や軍手等は『グリストらくらく』を直接汚れ部分に付けてもみ洗いし洗濯すれば綺麗に落ちます。また洗濯機の洗剤に少し加えるだけで油汚れもスツキリします。お試し下さい。
  • タイヤホイール等油汚れの酷い場合、『グリストらくらく』をスホンジ等に少量付け軽くこすって下さい。その後、水洗いで綺麗に落ちます。
  • 台所周辺の油汚れ、流し・タイル・ガスコンロ等も『グリストらくらく』を直接降り掛け硬く絞ったスポンジ等で軽くこすって下さい。簡単に落ちます。
  • 油汚れの酷い場合は50〜60倍に薄めて付け置きして下さい。その後、少量を直接軽く絞ったスポンジなどに付けこすって下さい。お湯か水洗いすれば綺麗に落ちます。
  • 調理場の油汚れその他厨房の床に薄めた「グリストらくらく」を床に流し、水洗いすれば綺麗さっぱり、安心して仕事ができます。
  • 車の油膜、窓ガラス(乾いたタオルで拭き取る)浴槽の湯あか/タイルの清掃、車ホイルの洗浄プラスチック容器の落ちにくい油汚れ、焼肉のテーブル/床の油汚れ等(スボンシに1〜2滴含ませ油汚れのひどい所を軽くこすり、後で水洗いするか拭き取る)
  • 原液のままでも50〜60倍に水で薄めて洗剤としても使用できます。また付置きすれば頑固な油汚れも簡単に落ちます。

PL法に対する対処は?その他販売に当っての注意指導は?

以下の点にご注意下さい。

  • 幼児のシャボン玉遊びやいたずらに注意し幼児の手の届かない所に保管して下さい。
  • 使用後は手をよく水で洗いクリーム等でのお手入れをおすすめします。
  • 荒れ性の方や長時間または原液をスポンジに含ませて使用する場合は炊事用手袋を使用して下さい。
  • 使用後は充分水洗いして下さい。温水の場合、食器及び食器用具は5秒以上、ため水の場合は2回以上すすいで下さい。
  • 万一、飲んでしまった場合は、大量の水を飲ませるなどの対応処置をした後、医師に相談して下さい。
  • 野菜、果物等の食品の洗浄には使用しないで下さい。
  • 目に入った時は清浄な水で10分以上洗浄後、直ちに医師の診察を受けて下さい。
  • 飲めません。
  • アレルギー体質の方や肌の弱い方はゴム手袋を使用して下さい。
  • 本製品は本来の目的以外には絶対に使用しないで下さい。

姉妹商品『バイオコロコロ』との併用の効果は?

排水溝・グリーストラップに『グリストらくらく』を使用したあとには『バイオコロコロ』(微生物)との併用をおすすめいたします。『バイオコロコロ』は良性の嫌気性菌、好気性菌、光合性菌、通気嫌気性菌等を溶解性栄養分の中に固形化し冬眠状態にした球状のもので1個(10g)の中に約100憶の良性微生物(バクテリア)を混入したものです。また『バイオコロコロ』には一般土壌菌の中より選び抜かれたもの違いパワーを持った薗が混入されています。『バイオコロコロ』に混入されている微生物(バクテリア)は通常市販されている微生物よりも10〜100倍のパワーを持ち、動物油脂、植物油脂、タンパク質、デンプン、セルロース、硫化水素、炭水化物などを分解し、更に合成洗剤を含む界面活性剤をも分解処理する他、類を見ない効果を持つ微生物です。グリストラップ、浄化槽、合併槽の悪臭や汚泥の分解処理に素晴らしい効果を発揮します。

↑このページのトップへ